フランスで大反響! 日本初公開

『移民の記憶−マグレブの遺産』

ヤミナ・ベンギギ監督作品

日本語版DVD 2007年7月発売開始!


写真提供 : Canal + / Bandits

フランス在住マグレブ移民のルーツをたどるドキュメンタリー映画。97年に公開され、フランスで大きな反響を呼んだ。第二次大戦後、北アフリカから単身で出稼ぎにきた「父」、70年代の家族合流政策で地中海を渡った「母」、そしてフランスで生まれ育ち、両親の言葉や文化を知らない「子ども」の三部から構成される。戦後復興を支える安価な労働力として(旧)植民地から動員され、底辺労働に従事させられた移住労働者とその家族の記憶を蘇らせる本作品は、2005年に起きた「郊外蜂起」の背景を照らし出すとともに、植民地主義と近代が強いた「移動」の経験がいかなる暴力を伴い、いかなる断絶を生み出すかを、静謐なタッチで、鋭く浮かび上がらせている。

1997年/フランス/ 第一部 「父」 51分 第二部「母」 50分 第三部 「子ども」 55分

定価:個人価格 4,500円  法人・団体価格 7,500円  (税込み)

申込みはこちら


作品についてのお問合せは・・・

●パスレル(日本語版制作・上映・販売)Email : passerelles2000@gmail.com

●ビデオプレス(販売)  tel 03-3530-8588 fax 03-3530-8578